PICK UP PEOPLE

OB/OG神大の卒業生

理学研究科 理学専攻/沖縄県出身

中川 優香さん

大学院は研究を行うだけではない総合的な成長を実感できる

高校生だったある日、何気なく目にした洗顔料の成分表に、ちょうど化学の授業で習ったばかりの物質名が記載してあることに気付きました。自分の学びと日常生活がつながっていることを初めて実感、その感動がきっかけで化学の道を志すようになりました。
所属する研究室では、「生物と無生物の境目を見極める」というテーマを掲げる菅原先生のもと、私は人間の脳のニューロンネットワークを化学物質で再現する研究を行っています。将来的に実用化されれば、これまでにない新しい記憶材料としての応用が期待できますが、今はまだ地道な基礎研究の段階。仮説を立てて実験を行い、得られたデータを検証して、さらに実験を重ねる。納得できるまで研究を深めるためには、大学院の2年間が必要でした。その判断は正しかった。自分の好きなことに没頭できる時間を得たおかげで、有意義に研究を続けることができました。
進学してみたらうれしい誤算もたくさんありました。まず、先生と話す機会が劇的に増えたこと。知識も経験も豊富な先生からは、自分が思いもしなかった視点からの考察をいただくことも多く、それが研究の突破口となることもあります。そして、学部生の頃と比べ人との出会いの幅も大きく広がりました。学会などで他の研究室や他大学の方と触れ合う機会があるほか、何より刺激的だったのが海外の学生との交流です。
台湾の大学へ研究科のメンバーで訪問し、その縁で現地の学生を日本に招き共同研究発表会を行ったり、タイからの留学生に神奈川大学の研究を体験してもらうなど、「化学」という共通項を持ちながらも、文化や価値観が異なる人たちと話す機会も多く、自分の視野を広げてくれる貴重な経験となりました。研究を深める過程で出会った人たちが、私を研究者としてはもちろん人間的にも成長させてくれたと感じています。