PICK UP PEOPLE

Teacher神大の先生

国際日本学部 国際文化交流学科

大島 希巳江 教授

きれいな発音で流暢に英語を話すことより、 日本人らしい英語で自分を表現することのほうが大切です。

国際人に求められるのは、自分らしい英語で自分の文化を話す力 「英語は正確に、滞りなく流暢に」とか「ネイティブみたいなきれいな発音で、文法を間違えないように」なんて思っていませんか? 真面目で優秀な学生ほど、そう思うようですが、はっきり言いましょう。世界の人は日本人に美しい英語で話してもらいたいとは思っていません。それよりも日本人らしい英語で、日本文化や自分自身のことをきちんと表現したり説明したりできることのほうが望まれていますし、大切だと考えられています。グローバルとは、一種類の英語を話すことや一種類の人間になろうということではなく、多様な人間を認め合おうということ。だから自分のアイデンティティをもっていて、話す英語や文化背景に自分らしさがあることのほうが、ずっと大切なのです。